タリバンの空港が混乱!アフガニスタン人が出国を試みる3つの理由!

アフガニスタンが大変なのが先日(2021年8月16日)よりニュースになっています。

アフガニスタン人がアメリカの飛行機(US Air Force)に飛び乗ろうとニュースでも話題になっていますね。

かなり主劇的なニュースだと個人的にも思います。

それではアメリカがアフガンから撤退するのになぜアフガニスタン人がアフガニスタンを脱出しようとしているのでしょうか。

3つの理由を考えてみました。

アフガニスタンの歴史

皆さんごご存じの通りアフガニスタンでは2001年9月11日にアメリカで起こった同時多発テロ事件のせいでタリバン政権が批判されました。

そのタリバンを統括していたのがオサマ・ビン・ラディンと言われ、結局は当時の米大統領George W. Bushに報復され、2011年にオサマ・ビンラディンが殺害されたされ米軍の兵士が派遣されましたよね。

なんとその際、110兆円もの米国の総費用が導入され22400人もの米軍が死傷したそうなのです。

それもあり、バイデン現米大統領がアメリカ軍の撤退を決定したことから今回の惨事になっているようです。

 

アフガニスタン空港の混乱

アメリカの撤退はかなりの政策費と人件費がかかるという面で撤退されたと見て理解できるのではないでしょうか。

ベトナム戦争の2度目の失敗とも比喩されています。

そんな状況の現在のアフガニスタン・カブール空港での状況が下記の画像通りです。

ありえない状況ですよね?!

目を疑う状況です。

 

そしてBBCにアップされていた動画はこちらになります。


この大混乱の中でも7人は亡くなったようですよ。

悲惨ですね。

どれほどアフガンの人がひっ迫していた状況なのか物語っている動画かと考えます。

 

アフガニスタン人が出国を試みる3つの理由

それではなぜこんなにもアフガニスタン人がカブールに集まっているのでしょうか。

1.アフガンではビザなしで出国できるというデマがあるらしい

アフガニスタンでは出発が予定されていた民間機のほとんどが運航停止となったようです。

アフガニスタン人も外国人も大勢が空港で立ち往生しているのだとか。

アメリカをはじめ諸外国は、大使館職員や支援者の避難を優先させようとしています。

外国政府や組織と結びつきのある外国人や一部のアフガニスタン人の出国避難が行われているのが、査証(ビザ)がなくても出国が認められているとのうわさが広まっているのだとか。

空港に大人数が押し寄せる中、飛行機に無理やり乗り込もうとする人たちを阻止するため、米兵が空へ向けて発砲したとの情報もあるらしいでです。

2.アフガンでは女性の権利が認められないから?

タリバンは、独自の厳格なシャリア法の解釈に沿った罰則を導入、もしくは支持していました。

殺人や不貞の罪を犯した人を公開処刑し、窃盗で有罪となった人の手足を切断

男性にひげを伸ばすよう命令し、女性には全身を覆うブルカの着用を義務付けています。

タリバンはテレビや音楽、映画を禁止。

10歳以下の少女が学校に通うことも認めませんでした。

そんなタリバン政府に反抗的表明をした代表的な女性が「マララ・ユスフザイ」さんですよね。

自分も女性なので個人的にはかなりキツイです。

その上娯楽の禁止も辛いですよね?!

3.アフガンが無法地帯化しているから?

なんでもアメリカ軍がアフガニスタンを撤退すると公表してから多くの店舗や市場は閉店しているのだそうです。

一部の政府庁舎も閉鎖し、持ち場を離れる兵士や警官もいるのだとか。

出典:Image from Newsweek (Haiti)

パキスタンでは国境沿いの地域をタリバン政権が制圧したため、越境地点のトルカム検問所を閉鎖したとされているそうです。

このため、アフガニスタンからの出国ルートはカブール国際空港発の空路のみになったため、上記のようにカブール空港に押し寄せる人が増えたようです。

 

市場や政府庁舎、警官もいなかったら市内や町内、国内の平和が保たれず無法地帯になりますよね?!

そんな場所で子供や家族を養っていくのは危険も伴いますし誰でも心配になると思います。

まとめ

海外の様々な国では今回のタリバン政権・アフガニスタンでの暴動が非難されています。

カナダでは2万人の避難民を受け入れるとしているなど、避難国民を受け入れる表明している国々もあるようです。

しかし、それだけでは問題の根本的な解決にはならないですよね。

アフガニスタン国民の無事を祈るばかりです。

早く事態が収束し、大部分の国民にとって良い解決策が見いだせることを祈るばかりです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください