ボーガンとは何で威力はどれくらい?フライパンも貫通!【動画】

兵庫県宝塚市の閑静な住宅街で、2020年6月4日にボーガンで家族を殺傷したという凄惨な事件が報じられました。

 

犯人は野津英滉容疑者で、大学4年生の23歳。

自分の家族を襲うために使った凶器はボーガンと報道されています。

 

ボーガンとはどういったもので、その威力はどれくらいなのか、動画を含めてご紹介します。

兵庫県宝塚市でボーガン殺人事件!

2020年6月4日に兵庫県宝塚市の閑静な住宅街にて家族をボーガンで殺害するという悲惨なニュースが報じられました。

現場で争った形跡は無かったことから、野津英滉容疑者はボーガンでいきなり家族を襲ったとされています。

事件の前にボーガンを購入し、使い方の練習をしていた可能性が高いことから突発的ではなく計画的な犯行の可能性が高そうですね。

ボーガンとは?

ボーガンとは?【画像あり】

ボーガンとは一体何なのでしょうか?

 

ボーガンとは西洋で用いられた弓の一種です。

専用の矢を板ばねの力で弦により発射する武器。

日本語ではボウガン(bowgun)、近年ではボーガンと言われています。

映画とかでも度々目にすることがありますよね?!

 

【ボーガン事件】で使用されたのはどのタイプ?

そして今回の事件で凶器として使用されたのは、クロスボウとも呼ばれる、ボーガンでした。

弦を引いて矢をつがえた状態で引き金を引くことで矢を発射することができる機械式の弓です。

 

クロスボーならびにボーガンは、第一次世界大戦までは大規模、且つ一般的な戦場での兵器として使われていたそうです。

しかし銃の登場で兵器としては駆逐されていきました。

 

狩猟用やスポーツ用のクロスボウとしては現在も使用されており、扱いやすくするため小型化軽量化使用の簡便化が図られているそうです。

ボーガンは簡単に買えるの?購入方法や値段は?

近年まで兵器として使われていたにも関わらず「ボーガン」は銃刀法の規制の対象外

 

従って店頭やインターネットでは競技用やレジャー用として販売されていることが多く、成人であれば身分証を提示するなどして購入できるようです。

 

専門店等では、対面で訪れた客にのみ身分証を確認したうえで販売したり。

 

その他にもインターネット上でも購入可能のようです。

 

購入できる店の例として防犯グッズに特化した販売ショップのBODY GUARD(ボディーガード)がありました。

 

ホームページ上には、

「(ボーガンは)海外では狩猟用として幅広く利用されていますが、狩猟が禁止されている日本では的撃ち幅広いユーザーの楽しみとして広がっています。」

と記載があります。

 

こちらのショップは運営20年で総出荷数が25万件以上。

 

在庫がある商品は即日発送をしているそうで、需要と供給が釣り合っていることがわかりますし、簡単に購入できてしまうようです。

種類にもよりますが、上記の商品は「16,800円」で購入可能

もちろん矢や他の部品を購入すると金額があがりますが、値段もそこまで高くなく大学生でもアルバイトをして購入することもできることが分かります。

 

以前は兵器として使用されていたボーガンがこんなにも簡単に手に入ってしまうのは、少し怖いですね。

 

※ちなみに現在「販売ショップのBODY GUARD(ボディーガード)」のホームページ上では「現在商品はございません。」と表示されています。

今回の事件の凶器として使用されたことから販売を中止されているようです。

ボーガンの威力はフライパンをも貫通するほどだった!【動画】

ボーガンの威力はどのくらいなのでしょうか。

もちろん種類によっても様々だと思いますが、兵器として使用されていただけありかなりの威力はあるはずです。

 

ボーガンを販売しているお店の方の話によると、運動能力の高さから、当たりでもしたら大けがになる可能性があると語っています。

出典:https://sun-tv.co.jp/suntvnews/news/2020/06/05/24819/値段が上がると共に威力と精度も上がるようで、種類によってはフライパンをも貫通する威力があるものも!

 

ボーガンの威力をご覧になりたい方は下記動画をご覧ください。

 

ボーガンがフライパンをも貫通する威力があるのは(0:48~)確認できます。

威力と精度の高いボーガンを至近距離から撃たれでもしたら致命傷ですよね?!

兵器として使用されていただけあります。

 

それを今回の事件では家族を撃つために使用するなんて、悲惨な事件です。

まとめ

『ボーガンとは何で威力はどれくらい?フライパンも貫通!【動画】』と題し、ボーガンとは一体何でどれ程の威力があるのかご紹介しました。

 

もちろん種類によって異なりますが第一次世界大戦までは兵器として使用されていただけあり、恐ろしい威力でした。

そんなものが簡単にお店やインターネットで購入できたのが怖いです。

今回の事件を機に、ボーガンの販売は今後禁止されていきそうですね。

 

最後に、今回の事件で亡くなった3名の方々には心よりご冥福をお祈りしたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください