【ドラマM】輝楽天明は小室哲也がモデル?メイクした稲垣吾郎に見えると話題w

歌手・浜崎あゆみさんの半生に基づいたノンフィクション小説『M愛すべき人がいて』のドラマが2020年4月18日からスタートしました。

 

ドラマの初回が放送後、あまりのキャスティングの凄さにネット上で話題になっています。

その話題の一人が「A VICTORY」の敏腕プロデューサー・輝楽天明(きらてんめい)。

 

この輝楽天明のモデルは小室哲哉さんなのか検証してみると同時に、メイクをした稲垣吾郎さんに見えるという声が多かったのでそちらもご紹介します。

 

『M愛すべき人がいて』のあらすじ


「M愛すべき人がいて」の第1話のあらすじは以下の通りです。

 1993年、福岡から祖母・幸子(市毛良枝)とともに上京してきたアユ(安斉かれん)。東京で芸能活動をして売れれば家族の生活が楽になると意気込むアユだが、そう上手くはいかず、高校に通いながら細々とエキストラのような仕事をこなす日々を送っていた。

 

そんなある日、歌手を目指す友人・玉木理沙(久保田紗友)から六本木のディスコ・ベルファインで、レコード会社「A VICTORY」のカリスマプロデューサー、マックス・マサ(三浦翔平)が次のスターを探していると聞いたアユは、理沙と一緒にベルファインに行くことになる。

 

一方、会社の売上をカリスマプロデューサー・輝楽天明(新納慎也)一人が担っていることに危機感を感じているマサは、社長の大浜(高嶋政伸)に、ほかにもヒットを出さなければ未来はないと進言するが、輝楽ブームに浮かれている大浜は聞く耳をもたない。一蹴されたマサに眼帯姿の秘書・姫野礼香(田中みな実)は、「私は昔からマサのすごさを知っている」と優しい言葉を掛けるが…。

 

その夜、いつものようにベルファインのVIPルームに赴いたマサは、直属の部下・流川翔(白濱亜嵐)に「お前が売れると思うやつを連れてこい!」と指示を出す。フロアに降りた流川は、次々と女の子に声を掛け、VIPルームに連れて行く。その中には、流川イチオシの理沙と無理についてきたアユの姿もあった。緊張しながらマサの前に並んだアユだが、女の子の顔を見て次々と切り捨てていくやり方に、つい反抗的な態度を取ってしまう。

 

翌日、堂々と自分に意見した姿に初めて心を動かされたマサからアユに電話が…。

平成の歌姫誕生に隠された物語がいま、幕を開ける――。

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/m-ayumasa/story/0001/

 

『M愛すべき人がいて』の輝楽天明は小室哲哉?

「M愛すべき人がいて」は浜崎あゆみさんとAvexの松浦勝人社長の愛の物語というのは周知の事実。

 

そしてドラマに出てくる「A VICTORY」は「エイベックス」のことです。

 

その「A VICTORY」の人気プロデューサーで「A VICTORY」の売上のほとんどを支え、絶頂期を極めているプロデューサーが輝楽天明

出典:Twitter

 

浜崎あゆみさんは1998年4月8日発売の1stシングル「poker face」で「浜崎あゆみ」としてデビューされました。

それ以前にエイベックスでヒット曲を次々と打ち出していたプロデューサー。

そんな天才音楽プロデューサーの輝楽天明のモデルと言えば、1990年代にミリオンヒットを何曲もプロデュースしたカリスマ・プロデューサーの小室哲哉さんしかいらっしゃらないでしょう。

 

小室哲哉さんのプロデュースは以下の通りです。

1993年:TRF

小室哲哉プロデュースでデビュー:「GOING 2 DANCE/OPEN YOUR MIND」

 

1994年:hitomi

小室哲哉プロデュースでデビュー:「Let’s Play Winter」

 

1995年:安室奈美恵

小室哲哉プロデュース第1弾:「Body Feels EXIT」

 

1995年:華原朋美

小室哲哉プロデュースでデビュー:「keep yourself alive」

 

1995年:globe

小室哲哉プロデュースでデビュー(小室自身もメンバーの一人として参加):「Feel Like dance」

 

そして小室哲哉さんと輝楽天明のイニシャルも同じTKです。

輝楽天明(きら・てんめい):T.K

小室哲哉(こむろ・てつや):T.K

従って輝楽天明のモデルは小室哲哉さんと言っていいでしょう。

 

ただ、ドラマはフィクションなので小室哲哉さんが悪役風に描かれているのはドラマだからのようですね。

輝楽天明は小室哲哉に似てる?

ドラマ『M愛すべき人がいて』ではもの凄いインパクトのあるカリスマ・プロデューサー輝楽天明さん。

小室哲哉さんに似ているのか、画像を検証してみたいと思います。

 

こちらがTM Network時代小室哲哉さんの画像です。

そしてこちらがプロデューサーとして活躍されていた時期の小室哲哉さん。

篠原涼子さん、hitomi、trf、globe、華原朋美さん、安室奈美恵さんなど多数のアーティストをプロデュースし、1990年代は小室ブーム全盛期とも言われていました。

 

こうして画像を比較してみると、ドラマ『M愛すべき人がいて』の輝楽天明と若かりし頃の小室哲哉さん、似ていますね!

特にTM Network時代はメイクや派手めな印象が似ています。

 

輝楽天明がメイクをした稲垣吾郎に似ていると話題!

そんな輝楽天明ですが、実はネット上ではメイクをした稲垣吾郎さんに似ていると話題になっています。

 

確かに少し似ていますよね!

輝楽天明演じるのは新納慎也!

輝楽天明を演じているのは新納慎也さんです。

 

出典:Twitter

名前:新納慎也(にいろ・しんや)

別名:NÎRO

生年月日:1975年4月21日(2020年4月現在45歳)

出身地:兵庫県神戸市

身長:180㎝

血液型:A型

職業:俳優

事務所:ワタナベエンターテインメント

活動期間:1991年~

 

まとめ

『【ドラマM】輝楽天明は小室哲也がモデル?メイクした稲垣吾郎に見えると話題w』と題し、ドラマ「M愛すべき人がいて」の輝楽天明は小室哲也さんがモデルになっているのかについてまとめました。

また、輝楽天明がメイクをした稲垣吾郎に似ているという声もご紹介しました。

 

TM Network時代の小室哲哉さんにも似ていますし、メイクをした稲垣吾郎さんぽいですね!

しかし演じているのは新納慎也(にいろ・しんや)という「うたのおにいさん」も務めたことがある俳優さんでした!

 

輝楽天明を含め、面白いキャラが沢山登場する「M愛すべき人がいて」。

今後のドラマの展開が楽しみですね!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください