フランス・新型コロナの非常事態政策の内容は?現地の様子や反応は?

新型コロナウイルスの影響で、フランスのエドゥアール・フィリップ首相が3月14日に非常事態宣言に等しい警戒MAXのレベル3への引き上げを宣言しました。

 

フランスでは3月14日時点で国内の感染者が前日より800人も増え約4500人、死者は91名、重篤患者数は300人にも上り、欧州ではイタリアとスペインに次いで3番目に感染症例が多い国となっています。

 

今回のフィリップ首相の政府決定の発表は感染拡大阻止のための強力な措置ですが、一体その内容とはどんなものなのでしょうか。

また、現地の様子や反応も調べてみました!

フランスの緊急事態政策とは?

フランス・フィリップ首相の発表

3月14日夜19時30分にフランスのフィリップ首相は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、新たな政府追加政策を発表しました。

そして以下動画が実際にフィリップ首相が政府政策を発表した会見です。

今回のフランスの政府政策というのは、簡単にまとめると生活必需品を扱う店以外の国内全ての店舗を3月15日の午前0時から一斉に休業にするという内容のものです。

 

どういった場所が閉店を強いられるのかというと以下の通りです。

休業を強いられる店のリスト

✔ レストラン

✔ バー

✔ クラブ・ディスコ

✔ 映画館

✔ デパート、日用雑貨店、衣料品店など

✔ 生活必需品を扱う店以外の全ての店舗

 

そして3月15日0時以降も開店が許される店というのが、

✔ 食料品を扱う店

✔ 薬局

✔ 銀行

✔ タバコや新聞・雑誌を販売している店(les bureaux de tabac et de presse)

✔ ガソリンスタンド

✔ 病院など国民の生活に必要な公共のサービス

✔ 公共の交通網は動いているが国民の不要な外出や会合を控えるよう促した

3月13日の段階ではフランス全土の幼稚園・保育園~大学までの教育機関の閉並びに100人以下の集会の禁止も発表されています。

それに加え、お店の休業は前代未聞のものすごい措置ですよね?!

 

フランス・フィリップ首相が強硬措置に踏み切った理由

上記の動画にてフィリップ首相はこの措置に踏み切った意図を少し語っていました。

 

今回フィリップ首相が発表した措置の主な目的は人々の接触と移動を最小限に抑れること。

フランス人はラテン系というのもあり、「陽気で集団で集まるのが好きな国民であり、恐怖を感じている時は特に集まって談笑する国民である」としています。

 

新型コロナウイルスという見えない脅威がある中、フィリップ首相は木・金曜日の夜、仕事が終わり帰宅途中に沢山のフランス人がカフェやレストランで楽しく過ごしているのを見て、今回の強行な措置を決意したそうです。

ここまでしないとフランス国民が自覚しないと考えたそうですよ。

 

確かにフランス人は根っからのラテン系で、友達同士で集まり談笑が大好きな国民です。

そしてルールや規律をあまり守らないというのも(いい意味でも悪い意味でも)フランス人の国民性の気がします。

 

現にフィリップ首相も今回の会見でフランス国民に対し規則や礼儀を守るように言及していました。

Le Premier ministre appelle les Français à plus de civisme. Il estime que les règles de distanciation sociale sont « imparfaitement » respectées.

引用:Le Parisien 

 

従って、感染拡大を防ぐためにも今回のような強硬な手段が必要だったんだと思います。

フランス、現地の様子は?

それでは今回のフィリップ首相の発表を受け、フランスの現地の様子はどうだったんでしょうか?

 

パリに住んでいる方のブログには以下のような書き込みがありました。

昨日から皆がスーパーに押しかけ、備蓄できる食料や衛生関連商品が棚から消えました。昨晩、カルチェ・ラタンのカフェが相変わらずの賑わいを見せていたのが今では非現実的に思えます。

引用:楽しい年金生活

 

その一方で、やはりラテン系フランス人。

15日の0時からバーやクラブ、レストランが休業してしまうということで街中へ繰り出す人も沢山いました。(;゚Д゚)

 

以下の動画ではバスの中はクラブ状態。

感染者が一人でもいたらアウトそうですよね・・・(;゚Д゚)

 

下記画像、人でごった返しているのはフランス西部にあるレンヌの町です。

 

こちらは土曜日の夜のパリで通常より人混みは少ないですが、それでもかなりの人が外に出ているのが分かりますね。

連日フランス大統領から首相、閣僚が濃厚接触を控え家にいましょうと何度も繰り返しているにも関わらず、街中には沢山の人が集まっていました。

どうりで感染者が増えていくわけだと感じたのは私だけでしょうか・・・(-_-;)

 

世間の反応は?

フランス人の反応

(翻訳:政治家はフランス国民に対して全く権威がないことが証明されたわね!)

(翻訳:そんな中、フィリップ首相が訴えかけてもパリのクラブでは夜中0時に閉鎖することを拒否しているよ。)

(翻訳:フィリップ首相が言っているは生活必需品を扱う店以外は0時に休業。でもフランス国民が理解しているのは、普通の生活の最後の夜だから今夜は愉しむぞー!)


(翻訳:フランス人は規律が正しくない(エドゥアール・フィリップ首相 2020年3月14日)

確かにこれは本当だけど、政治家は本当に統合失調症ね!)

 

ちなみにこの統合失調症というのは、フィリップ首相が今回の発表をする1週間ほど前にマクロン大統領がフランス国民に普通の生活を心がけるよアドバイスをしていたことから矛盾を指摘したものです。

 

こういったツイッター上でのフランス人の反応を見ると、今回の政策が有効に出るのか少し心配になりますね。

 

まとめ

「フランス・新型コロナの非常事態宣言の内容は?現地の様子や反応は?」と題し、新型コロナウイルスにおけるフランスの対策並びに現地の様子や反応をまとめてみました。

生活必需品以外の店の休業となりましたが、これでコロナウイルスの拡散を防止でき、世界的にも早くおさまってくれることを祈るのみですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください