オスカー・堀和顕のパワハラ疑惑の内容まとめ!米倉涼子も愛想つかす実態とは?

看板女優の米倉涼子を筆頭に忽那汐里さん、ヨンアさん、岡田結実さんなど所属タレントの他に多数の社員が芸能事務所オスカープロモーションを去る決断をされています。

 

なんでもその背景にオスカープロモーション古賀誠一社長の義理の息子・堀和顕氏のパワハラ疑惑があるのだとか・・・。

 

そんな堀和顕氏が中心人物と噂されているパワハラ疑惑についてまとめました。

和顕(オスカー)が原因でタレントや社員が退所?

前述の通り、オスカーの看板女優・米倉涼子さんのオスカープロモーションの退社が明らかになった他、当社所属の他のタレントさんの退社も相次いでいます。

 

そして米倉涼子さんの退社はオスカー古賀誠一社長の娘婿・堀和顕氏が原因だったのではないかとも報じられています。

ゴクミこと後藤久美子を皮切りに、上戸彩や菊川怜、武井咲や剛力彩芽といった売れっ子が輩出してきたオスカー。そしてこのたび、看板女優として活躍していた米倉涼子(44)の退所も報じられた。彼女もまた、“古賀さんが社長でなくなるなら、私オスカーを辞めますから”と以前からある大物俳優に語っていたという。

引用:デイリー新潮

米倉涼子さんは古賀社長を「芸能界の父」と慕っていたそうです。

 

「古賀社長が退いたら米倉涼子さんを育ててくれた礼は尽くした」ということでオスカーを辞めると言ったのか。

 

それともオスカーの後継者が堀和顕氏と目されていたため、面倒になる前に退社の選択をされた可能性も否定できなさそうです。

 

オスカーでは所属タレントの他にも多数の社員がオスカープロモーションから離れていっているとも既に報じられています。

米倉涼子、上戸彩、藤田ニコルなど人気女優やタレントが所属する芸能プロダクション『オスカープロモーション』に異変が起きていると4月25日発売の『週刊文春』が報じている。

従業員数220名、正社員はその7割程度といわれる同社から、昨年から今年にかけて40名以上の社員が立て続けに退社したというのだ。

そのなかには、昨年『EXILE』のTAKAHIROと結婚し、今春に第1子を出産したばかりの武井咲のマネジャーも含まれているそうだ。

引用:excite News

そして毎年15人以上は辞めていっており、中には役付きで屋台骨の「20年選手」とされるベテラン社員も含まれているそうです。

 

他の報道では、

「実際のパワハラは、記事の内容よりもひどいようですね。退社したのも“40人以上”というと40人強のようなイメージですが、実際は40人なんて軽く超える数だそうです」(前出・業界関係者)

引用:めるも

とする報道もあるので、オスカープロモーション社内ヤバそうですね。

 

米倉涼子も愛想をつかす堀和顕のパワハラ疑惑とは?

前述の通り、堀和顕氏の評判はあまり芳しくなく、大まかには「パワハラ疑惑」「お金にうるさい」とされています。

出典:財経新聞

堀和顕はお金にうるさい?!

堀和顕氏は経費にかなりうるさく、融通が利かないそうなのです。

 

制作現場を知らない素人なのに口を出したり、経費の使い方を口うるさく言ってくると、ある大手芸能事務所幹部の方が証言しているそうです。

そして2019年秋には、

「カネを使いこんでいる」と疑った堀専務が、古賀社長の秘書を10年に亘って務めてきた50代の男性を辞職に追い込んだ事件が起きている。

その際、古賀社長は娘夫婦と言い争いになったものの、最終的に押し切られてしまったという。

引用:デイリー新潮

堀氏と幸子常務の夫婦2人でこの50代の元社員を追い詰め怒鳴りつけ、辞職に追い込んだそうです。

 

さすがにこの件に関しては古賀誠一社長も駆けつけたところ娘夫婦と言い合いになるも、結局は押し切られてしまったそうです。

 

古賀誠一社長も娘婿の堀氏が経費に厳しいことを評価しているようで、

「堀くんは会社が経費に甘いところを是正してきた」

と話しているのだとか。

 

しかし、この50代の秘書の方が追い詰められ辞職したことに関しては、社長よりも娘夫婦の方が発言力があると取られてしまったそうです。

結果、社員の士気も下がり、米倉涼子さんが(オスカー)を辞めるかもと周囲に漏らすようになったのだそうです。

 

堀和顕のパワハラが酷い?!

堀和顕氏が2019年秋に専務に就任したと同時に、古賀社長の義理の息子という立場から「パワハラ」と取られても仕方がない行為が始まったそうです。

 

このパワハラの被害者の中にはEXILEのTAKAHIROと2017年に結婚し、2018年に第一子を出産した武井咲のマネージャーも含まれていたそうです。

出典:taishu.jp

 

芸能関係者の話によると、武井咲の元マネージャーは面倒見が良く、切れ者の上に、所属タレントからの信頼も厚かったそうです。

 

しかし堀和顕氏から毎日のように、

「武井がデキ婚したのはおまえの責任だ」

と叱責を受け、精神的に追い込まれオスカーを辞めてしまったそうです。

 

毎日のように執拗にこんなこと言われたら精神的に参ってしまうのは当然ですよね。

 

その他にも、堀和顕氏は部下に対し、

✔ 厳しい規則を課したり。

✔ 無理難題を吹っかけたり。

✔ ミスは許さない。

といったパラハラを行い、オスカーを去る社員が次々と出てきたそうです。

 

従業員の大量退社がマスコミで報道されるも堀氏の行為は止まらず、古賀社長は堀氏を第一線から外されたのだとか。

 

恐らくこれが2018年夏に財務を担う専務に就任した際のことではないでしょうか。

 

しかし第一線から退いたのち、社員を待ち受けていたのは過度な社内の締め付けだったそうです。

「H氏のパワハラによる従業員の大量退社が一部マスコミで報道されたんですが、それでもH氏の行為は止まらない。その後も社員の退社が続いたので、K社長はH氏を現場の第一線から外したんですが、今度は社内の締め付けがきつくなった。宣伝部の接待禁止、社員同士の時間外飲食禁止等々の規則を次々に打ち出している。愛想を尽かした有能な宣伝マンのM氏も、この夏の終わりに辞めていきましたよ」(元社員)

引用:ニコニコニュース

これでは社員は不満がたまる一方ですね!

社員のモチベーションが低下してしまったら会社の業績にも大きく響きます。

ましてやオスカープロモーションの社員はマスコミに対する積極的な営業で売れっ子を生み出しているという歴史や実績もあったはず。

 

社員のモチベーションが下がり、会社を離れて行ってしまっている昨今、今後のオスカーがどうなってしまうのか気になりますね。

堀和顕の「マイクぶんどり事件」とは?

毎年オスカープロモーションでは「今年もお疲れ様でした」と、1年を締めくくる形で東京・表参道にある社内で納会が行われているそうです。

もちろん所属タレントもオスカープロモーションの一部ということで、社員のみならず所属社員・女優達も参加していました。

 

そこで所属タレントは通常会話する機会がない裏方の社員と交流したり。

給料制のタレントは必ず参加しこの集いをきっかけに知ってもらい、その後仕事に繋げるという役目を果たしていたそうです。

 

しかし、2019年年末の納会は今までとは違ったようです。

 

2019年末の納会は、ここ20年では初めて所属タレントは誰一人として参加せず、今までの和気藹々とした会ではなかったそうです。

これは古賀社長が決めたことのようですが、会社の雰囲気が淀んでいるのを察せられたくなかったのかも知れません。また、挨拶も普段なら『今年もオスカーが1番でした』というような、創業社長ならではの自信満々な挨拶があるのですが、昨年はそれがなかった。それを含め、タレントには見せられない会になってしまった」(同前)

引用:文春オンライン

 

そんな2019年年末の納会で「マイクぶっとり事件」が起こったそうです。

 

2020年4月1日に社長就任が決まっている石川薫副社長がマイクを持ち、

「堀さんと幸子さんの2人が一生懸命頑張ってくれたおかげで……」

と乾杯の挨拶をしていた際、オスカープロモーション専務の堀和顕氏がなんとマイクを横取りしたのだそう。

 

そして、

「全て私たちだけで決めているのではありません。役員全員の決定があったからです!」

と割って入ったのだとか・・・。

 

オスカー専務の堀和顕氏は自身のパワハラ疑惑や、奥さんで常務の幸子夫人が二人で50代だった元秘書を辞職に追い込んだことからくる負い目なのか、

「自分たちだけが会社を支配しているわけじゃない」

と、強調したかったようです。

 

しかし副社長の乾杯の挨拶を下の役職の者が割って入るなんてありえないですよね?!

通常の会社ではありえないことです。

 

実際に、これを見た社員達もビックリしたようです。

「(前略)・・・格下である専務の堀氏が遮って発言するという有り得ない行動に、社員らはドン引きだったようです」(同前)

引用:文春オンライン

この話を聞いたり読んだ一般人もドン引きではないでしょうか・・・。(;゚Д゚)

 

どうりでオスカー看板女優だった米倉涼子さんも愛想をつかして独立を決断しちゃう訳ですよね。

 

まとめ

『(オスカー)堀和顕の経歴とパワハラ疑惑や社長令嬢との馴れ初めは?』と題し、芸能事務所オスカープロモーションのパワハラ疑惑やその中心にいるとされる堀和顕氏についてまとめました。

 

看板女優である米倉涼子さんを筆頭に数々の所属タレント・女優が去り、また社員も去っているということで、今後のオスカープロモーションの取り組みに注目したいと思います。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください