オスカー・堀和顕はなぜ役員なの?コネ入社で社長娘との馴れ初めは?

2020年3月末でオスカープロモーション看板女優でもある米倉涼子さんが退社することが話題になりました。

その背景にオスカープロモーション専務・堀和顕氏のパワハラ疑惑があるのではないかと騒がれています。

 

そんなオスカープロモーションの専務で古賀誠一社長の娘婿でもある堀和顕氏の経歴をご紹介するとともに、どのようにしてオスカーに入社し役員を務めているのか。

そして奥さんでもある古賀社長の娘さんとの馴れ初めをご紹介します!

 

和顕の経歴:なぜ役員なの?

出典:グルメIn関西

名前:堀和顕(ほりかずひろ)

生年月日:49歳(2020年3月時点)

役職”:オスカープロモーション専務取締役

堀氏はオスカープロモーションに入社してからはデジタル企画制作部門を担当しました。

その後、宣伝部を追加で任されるようになられたそうです。

 

そして2018年の夏からは財務を担う専務に就任し、現在はオスカープロモーションの専務取締役をされています。

 

オスカープロモーション入社前も芸能業界での経験があったのかというと、実は業界未経験者

 

オスカー入社前は、

✔ IT企業のコールセンターでバイトのまとめ役

✔ タクシードライバー

✔ バイク便の配達員

をしたりと、様々な経験を持っている方だそうです。

 

そして入社後同僚には、

以前はバイク便の配達員をやっていたとかで、どれだけ速く走っていたかを社員に自慢していた。

引用:文春オンライン

そうです。

自慢するほどのことなのでしょうか・・・(;^_^A

 

業界未経験者にも関わらずオスカープロモーションに入社。

そして入社してから日が浅いにも関わらずすぐに役員に昇進されたのだとか。

 

しかし現場では、

ある大手芸能事務所幹部は、堀専務を“制作現場を知らないのに口を出してくる、融通が利かない人”と評する。

引用:Livedoor News

と、堀和顕氏のことを表現しています。

これを聞くと、特別秀でて仕事が出来る人ではないような気がします。

 

やはりこのオスカー入社の好待遇は、堀和顕氏が結婚されたのが古賀誠一社長の長女でオスカープロモーション常務・古賀幸子さんだからと判断して間違いなさそうですね。

 

そしてご本人もそれは理解しているようです。

「自分の入社同期などには『オレには幸子という”切り札”がある』と憚ること無く話しているそうです。自身の妻であり、古賀社長の長女・幸子氏がいる限り、自分は安泰だと言いたいのでしょう。」

引用:文春オンライン

 

和顕と古賀幸子の馴れ初めは?

そんな堀和顕氏とオスカープロモーション社長の愛娘で同社常務の古賀幸子さんとの馴れ初めはどのようなものだったのでしょうか?

 

実はお二人は東京都目黒区内の小中学校の同級生だったんだそうです。

 

独身だったお二人は同窓会で再会し意気投合

良縁に恵まれなかった古賀幸子さんが堀和顕氏にぞっこんで結婚へと至ったそうです。

 

結婚翌年に前述の通り役員としてオスカーに入社

そして入社してすぐ役員になられたそうです。

 

こうなると「コネ入社説」が有力ですね・・・(;^_^A

 

 

そして2020年3月現在、お二人は結婚12年目に突入しているそうです。

 

夫婦関係は順調なのが伺えます。

 

和顕はオスカー古賀社長の弱みを握っている?

オスカープロモーション・古賀誠一社長の後継者と目されている堀和顕氏。

入社して間もなく役員になったことだけあり、当初から古賀社長に大変気に入られているのか、その才能を認められているのかと思ったら、実は違ったようです。

古賀さんも、堀氏が入社した頃は『あんな奴にオスカーの将来は任せられない。社員からの人望もない』などと話していたのですが、約2年前から手のひらを返したように全く変わってしまった。2年前といえば、堀氏が財務を担うようになった頃です。会社のお金の流れを握られたので、古賀さんも強く言えなくなったのだろうと専らの評判です。お金の流れ以外にも何かを握られているのかも知れません」(同前)

引用:文春オンライン

堀和顕氏がオスカーに入社した当初は、古賀社長からの信頼は全く無かったようですね。

 

しかし約2年前(2018年)に堀氏が財務を担当するようになってから古賀社長の態度が手のひらを返すように変わったという記述が上記の通りあります。

この「手のひらを返したように全く変わってしまった」という表現が気になります。

 

堀氏を「仕事が出来る人」と認識したのであれば、徐々に態度が変わるはず。

しかし「手のひらを返したように」態度が変わったのであれば、何か弱みを握られているからという説明の方が納得がいきます。

 

その上、古賀社長の秘書をしていた50代の元社員を堀和顕氏と幸子夫人が辞任に追い込んだ際、古賀社長と娘夫婦は言い争いになったといいます。

 

自分のために長く仕えてくれた秘書を社長自身が守れず自社の専務・常務に言いくるめられるのも腑に落ちません。

 

実際はどうなのかは分かりかねますが、報道されている内容を鑑みると、古賀社長は娘婿の堀氏に何か弱みを握られているのではないかと疑念を持ってしまいます。

まとめ

『オスカー・堀和顕はなぜ役員なの?コネ入社で社長娘との馴れ初めは?』と題し、堀和顕の経歴をご紹介すると同時に、幸子夫人との馴れ初めとオスカー入社についてまとめました。

奥さんである幸子夫人と結婚した翌年にオスカープロモーションに入社し程なくして役員に就任。

業界未経験にも関わらずこの異様な出世。

真実は分かりかねますが、コネ入社と幸子夫人が堀氏にゾッコンだからかと感じました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください