立花孝志の政見放送が面白すぎる!NHKをぶっ壊すとNHKで連呼!

「NHKから国民を守る党」所属の政治家・立花孝志さん。

 

元々はNHK職員として勤めていましたが、退職後にパチプロ、フリージャーナリストを経て政治家に転身された異色の政治家です。

 

そんな立花孝志さんの政権放送が面白すぎると話題になっているのでご紹介します。

立花孝志のプロフィール

出典:Jiji.com

名前:立花孝志(たちばな・たかし)

生年月日:1967年8月15日

年齢:(2020年6月現在)52歳

出身地:大阪府泉大津市

前職:NHK職員、パチプロ、フリージャーナリスト、千葉県船橋市議会議員、東京都葛飾区議会議員、参議院議員

現職:政治家

所属政党: NHKから国民を守る党/ホリエモン新党

立花孝志の経歴

立花孝志さんの経歴は以下の通りです。

立花孝志の経歴

1986年4月:高校教師の勧めでNHKに入局、和歌山放送局に配属される。

1991年7月:NHK大阪放送局経理部に異動になる。

2005年4月:週刊文春でNHKの不正経理を内部告発。

2005年7月:自身の不正経理で懲戒処分を受けNHKを依願退職。

その後はフリージャーナリストとして8年程活動。

また、NHK退職後8年間はパチプロで生計を立てていたとも語っている。

2013年6月:政治団体「NHKから国民を守る党」を設立。

2015年4月:千葉県船橋市議会議員選挙に当選。

2017年11月:東京都葛飾区議会議員選挙に当選。

2018年6月:YouTubeに「立花孝志」名義でチャンネルを開設。

2019年7月:第25回参議院議員通常選挙に比例区から立候補し当選。国政政党の党首となった。

週刊文春に立花孝志さんがNHKの不正経理を告発したことは有名です。

その数か月後には告発した側の立花孝志さんがご自身の不正経理で懲戒処分を受け、NHKを依願退職する形になりました。

NHKから圧力がかかった結果だったのかもしれませんね。

 

恐らくその事件が引き金となり、2013年に「NHKから国民を守る党」を設立したのではないでしょうか。

そして2019年7月には参議院議員に当選し、国政政党党首となられました。

 

立花孝志さんの経歴はかなり異色ですよね?!

しかし不正を告発したりと正義感が強く、政治家向きな方かもしれません。

立花孝志の政見放送【動画】

さて、ネット上で話題となっている立花孝志さんの政見放送の動画はこちらです。


この政見放送は参議院比例代表の政見放送で、2019年7月のものです。

 

動画では冒頭から、

「今から、まあまあ面白い政見放送をしますので、皆さん録画をしてYouTubeにアップロードしてください。

「この放送に著作権はないので、どんどんYouTubeにアップロードして拡散してください。」

と、面白いスタートになっています。

 

そして、

「NHKから国民を守る党」の公約はただ一つで、「NHKをぶっ壊す」でございます。

と、語っています。

 

NHKでの政見放送で「NHKをぶっ壊す」と言い放つ始末。

しかもスタジオにいるNHK職員にも一緒に「NHKをぶっ壊す」と一緒に言うよう促していました。

 

冒頭からかなりぶっ飛んでいて、笑える内容となっています。

 

その後はNHK職員による、ある番組の放送終了後に不倫路上カーセッ〇〇をしていたことに言及。

放送事故的なレベルとも言われています。

視聴者の声

まとめ

『立花孝志の政見放送が面白すぎる!NHKをぶっ壊すとNHKで連呼!』と題し、立花孝志さんの政見放送についてまとめました。

 

冒頭で視聴者の注意をぐっとうまく引き込んでおり、内容も内容なだけにかなり面白い政見放送だと話題になっているのもわかりますね。

 

2020年東京都知事選ではどのような政見放送になるのか、今から少し楽しみです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください