山本太郎の学歴は高校中退だった?理由はメロリンQでの批判殺到!

山本太郎さんと言えば、元俳優の有名人ですが現在は参議院議員も務めた政治家。

どのような学歴があるのか気になったので調べてみました。

 

山本太郎さんはなんと高校を中退されているという衝撃的な事実が!

その中退された理由というのにメロリンQ(キュー)というものが関係していました。

中退理由についても調べてみました。

山本太郎のプロフィール

出典:Twitter

名前:山本太郎(やまもと・たろう)

生年月日:1974年11月24日

年齢:(2020年6月現在)45歳

出身地:兵庫県宝塚市

身長:175㎝

前職:俳優(活動期間は1991年~2011年)

職業:政治家

所属政党:れいわ新選組

公式サイト:参議院議員山本太郎

YouTubeチャンネル:山本太郎

山本太郎の学歴

山本太郎さんの学歴を簡単に表にしました。

大学:なし

高校:箕面自由学園高等学校 1990年4月入学(中退)

中学:箕面自由学園中学校 1990年3月卒業

小学校:宝塚市立中山桜台小学校 1987年3月卒業

山本太郎は大学へは進学しなかった

山本太郎さんは大学へは進学されませんでした

 

その理由というのが、高校時代に芸能界デビューをしたため、仕事が忙しくなり学業どころではなかったからです。

 

山本太郎さんは1990年、高校1年生の時に「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の「ダンス甲子園」に出場し、芸能界入りしました。

出典:matome.naver.jp

1991年には映画「代打教師 秋葉、真剣です!」の準主役で役者デビューを果たされます。

出典:Amazon

その後、ドラマなどで俳優としての起用が増え、1991年には50本以上もの作品に出演されています。

 

あの「バトルロワイヤル」にも出演されていました!

 

芸能界デビュー後は仕事に恵まれ、学業どころではなかったことが伺えます。

山本太郎の出身高校

山本太郎さんは1990年4月に箕面自由学園高等学校に入学されました。

出典:Wikipedia

前述の通り高校1年生の時に「ダンス甲子園」に出場したことがキッカケで芸能界入りしました。

学校名 箕面自由学園高等学校(みのおじゆうがくえん)
学科・コース 高等科(当時)/1996年~特進コース・総合コース
所在地 〒560-0056
大阪府豊中市宮山町四丁目21番1号
最寄り駅 阪急電鉄 箕面線「桜井」駅下車 徒歩 約7分
公式HP https://mino-jiyu.ed.jp/hs/
偏差値 45~63
入試難度

箕面自由学園高等学校は男女共学の私立。

 

1996年から特進コース総合コース開設

偏差値も45~63と開きがあるようですが、山本太郎さんが通われていた当時は高等科のみでした。

なので偏差値もその45~63のあいだの偏差値54くらいだったのではないかと勝手に推測します。

 

箕面自由学園高等学校のチアリーディング部は2001~2009年までジャパンカップで9連覇。

 

チアリーディング部、吹奏楽部、アメリカンフットボール部、男子バスケットボール部、女子バレーボール部ではクラブ推薦入試が行われていることからかなり部活動に力を入れている学校のようです。

山本太郎が高校を中退した理由とは?!

山本太郎さんは1991年頃にこの箕面自由学園高等学校を退学しています。

 

その理由というのが、芸能界デビューにあるようです。

 

そもそも「元気が出るテレビ」の「ダンス甲子園」に応募した背景には、その番組に「すごいキャラの女が出ている」と聞いたから。

しかしテレビを見てみると自分の方がテンションが絶対に高いと感じ、自分の方が出来ると感じたからだそうです。

 

そして高校1年生の時に「ダンス甲子園」に出場。

 

水着と水泳帽の出で立ちで体に油を塗りまくり、胸には油性マジックで『メロリンキュー』の文字が・・・。

しかしこの番組に出場していた山本太郎さんを保護者が見ていました。

 

当時山本太郎さんが出演していたのが入試の時期とも重なり、志願者の親から

「あんな裸踊りをさせているような学校にうちの娘や息子を安心して預けられない」

と、苦情の電話が相次いだのだそうです。

 

山本太郎さんは校長から呼び出され、

「このままやったら君、学校にいられなくなるよ」

と、注意を受けました。

 

しかし忠告を無視しテレビに出演し続けたため、学校や親との関係も悪化。

いじめの被害にもあったそうです。

 

留年したこともあり、学校からは「番組に出演しない」もしくは「自主退学」のどちからかを選ばされる形になりました。

 

かなり壮絶な高校時代ですよね・・・。

 

そして時を同じくして1991年に映画『代打教師 秋葉、真剣です!』の準主役に決定したことを受けて退学することを決意され、高校を中退

 

その後俳優業も忙しくなり、高卒認定試験などは受けていません。

従って、高校中退が最終学歴となります。

 

メロリンQって何?

「メロリンQ」というのは、山本太郎さんが「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」内の人気コーナー「ダンス甲子園」で行っていた瞬発力抜群の一発芸です。

 

山本太郎さんがデビューした時に「メロリンキュー」と胸に文字を書いて発言も。

「ダンス甲子園」では「アジャコング&戸塚ヨットスクール」という3人グループで出場。

 

グループ名もインパクトあるんですがその格好も衝撃的でした。

競泳パンツに黄色い競泳帽をかぶって全身オイルのようなものを塗って胸に「メロリンキュー」や「ストロベリーキュー」という文字が。

その姿で奇妙なダンスを踊っていました。

 

その奇妙ないで立ちとダンスの動画がこちらです!

山本太郎さんはこの姿とパフォーマンスが注目となり芸能界デビューするきっかけとなりました。

 

この動画は1990~1991年頃。

こんな動画を見た保護者は心配になってしまい、学校に苦情が行ったのも頷けますね。苦笑

 

ちなみにメロリンキューは山本太郎さんが好きなフィリピンのお菓子『バナナキュー』をもじったものだそうです。

 

高校時代から政治家を目指していた?!

山本太郎さんは高校時代に番組に出演していた当時、ある雑誌のインタビューで政治家や総理大臣になる夢を語っています。

校則や規律が多い学校生活にあまり馴染めず、そういったものを変えるためにも政治家や総理大臣になって変えていこうと考えていたのかもしれませんね。

 

いずれにせよ、当時山本太郎さんが本当に政治家になるとは誰も思っていなかったのではないでしょうか。

山本太郎の出身中学

山本太郎さんは1987年4月に箕面自由学園中学校に入学し、1990年3月に卒業されています。

学校名 箕面自由学園中学校
所在地 〒560-0056
大阪府豊中市宮山町4丁目21−21
最寄り駅 阪急電鉄 箕面線「桜井」駅下車
公式HP https://mino-jiyu.ed.jp/jhs/
偏差値 32
入試難度

山本太郎さんは中学校から私立に通っていました。

エスカレーター式で高校に入学されたのかもしれませんね。

 

そして実は中学生の時から政治に興味があったようです。

実は僕、山本太郎とは中学高校一緒だったんです。彼が中学生くらいの頃から政治に興味を持っていたようですし、弱者を守る男気もありました。そんなこと思い出すとやっぱりいい男だとは思うんですけどね。
もちろん今後も政治、経済に興味を持って自分でいろいろ調べるし、選挙にも参加します!

— パグスキー (@pugsky8989) September 17, 2019

いえ、それはないかも。私立箕面自由学園の中等部は1987年時に2組だけの小規模な学校ですが、高等部になると1学年で12組になります。太郎の一つ上の僕らで500人の生徒がいましたから。

— パグスキー (@pugsky8989) September 30, 2019

 

中学の時には生徒会に立候補されたこともあるようです。

実は山本太郎、中学、高校一緒。中学の時生徒会に立候補して、学校中にビラ貼りまくったりバカ騒ぎしてた。俳優から政治家に転向したのも自分が目立ちたいだけや思ってた。でも最近の太郎は今までと違うように見える。もしかして今の日本にはこんな男が必要なのかもしれない。 https://t.co/JxhW2yzbjP

— 金髪豚野郎 (@blondehairedpig) July 11, 2019

昔から目立つのも好きで、政治にも興味があったようですね。

山本太郎の出身小学校

山本太郎さんは宝塚市立中山桜台小学校1981年4月に入学し、1987年3月に卒業しています。

学校名 宝塚市立中山桜台小学校
所在地 〒665-0877
兵庫県宝塚市中山桜台4丁目25−1
最寄り駅 中山観音駅(阪急宝塚本線)

山本太郎さんが宝塚市立中山桜台小学校出身ということは、間違いなさそうです。

 

そして小学校の時も生徒会に立候補されていたようです。

小学校から選挙が好きだったのでしょうか?!

目立ちたかったというのもあったのかもしれませんね。

まとめ

『山本太郎の学歴は高校中退だった?理由はメロリンQでの批判殺到!』と題し、山本太郎さんの学歴についてまとめました。

 

小学校から生徒会に立候補するなど、山本太郎さんは昔から目立ちたがりでもあると同時に幼い頃から政治や人や物事を動かすことに興味があったようですね。

 

2011年から政治家へと転身し、色々と政治の勉強をされている山本太郎さんが都知事選ではどのように戦われるのか楽しみです。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください