山本太郎は母子家庭で育ったマザコン?姉は薬物所持で逮捕歴あり!

元俳優で政治家として有名な山本太郎さん。

 

実は父親がおらず、姉と共に母子家庭という複雑な環境で育ちました。

しかし母親は輸入業で成功し、母子家庭にも関わらず裕福な生活を送れたそうです。

そんな山本太郎さんの家族について調べてみました!

山本太郎のプロフィール

名前:山本太郎(やまもと・たろう)

生年月日:1974年11月24日

年齢:(2020年6月現在)45歳

出身地:兵庫県宝塚市

身長:175㎝

前職:俳優(活動期間は1991年~2011年)

職業:政治家

山本太郎さんは1990年、高校1年生の時に『天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の「ダンス甲子園」に出場し、芸能界入りしました。

 

1991年には映画、「代打教師 秋葉、真剣です!」の準主役で役者デビュー

出典:Amazon

 

それと同時期に高校も中退し、芸能界メインでお仕事をされてきました。

 

しかし2011年の東日本大震災を機に政治家として活動を始め、2013年7月21日に第23回参議院議員通常選挙では東京都選挙区から無所属で出馬し初当選。

2019年7月28日まで1期務め、現在は「れいわ新選組」という政党を設立し、その代表を務めています。

山本太郎の家族構成

山本太郎さんの家族構成は、母親と二人の姉、そして山本太郎さんご自身です。

 

父親は山本太郎さんが1歳の時に亡くなり、二人の姉と一緒に母子家庭で育ちました。

 

カトリックの家庭で、山本太郎さんは小学5~6年生の頃は教会で多くの時間を過ごしたそうです。

教会は「自分にとっては安全な場所」で、若い司祭が親身に面倒を見てくれていたそうです。

山本太郎の母親

山本太郎の母親は女優?【画像あり】

山本太郎さんの母親の名前は山本乃布子さんといいます。

 

目鼻立ちがとてもはっきりしている方で、「女優ではないか?」と噂がたったこともあるそうです。

 

こちらが山本太郎さんとお母さま・乃布子さんの画像です。

とても目鼻立ちがハッキリしていてデヴィ夫人のようですね!

 

山本太郎の母親は資産家!

山本太郎さんの実家は関西圏でもお金持ちが住む町として知られている兵庫県宝塚市

宝塚市の中でもお金持ちが特に多く住むところとも言われている、宝塚市中山桜台出身。

 

山本太郎さんの母親はペルシャ絨毯の輸入業で成功していたため、母子家庭だったにも関わらず経済的にとても恵まれた環境で育ったようです。

 

山本太郎さんは子供時代から母親・乃布子さんに連れられて色々なところに海外旅行に出かけたようです。

 

山本太郎さんは小学3年生の時にはフィリピンにホームステイも経験されています。

しかも2か月間も。

この当時、小学生でホームステイを経験するのはかなり珍しかったのではないでしょうか。

 

フィリピンにホームステイしていた時に食べた「バナナQ」という食べ物から、

出典:Wikipedia

後に山本太郎さんのギャグとなる「メロリンQ」というフレーズの着想を得たと言われています。

 

そして海外旅行から帰国するのは新学期が始まってから10日後だったことも多かったようです。

枠にとらわれない山本太郎さんの発想は小学生時代に培われていたのかもしれませんね。

 

海外旅行の他にも、小学時代にはピアノを習い、中学校は私立中学校に進学。

 

また、山本太郎さんが2011年の東日本大震災を機に脱原発運動を始めたことで仕事が減った際には金銭的に援助もされたそうです。

父親を亡くし、母親の影響で環境保護活動に関心を持ったこと、脱原発運動を始めて芸能の仕事が激減したため、母親が持っていた3軒のマンションを売却したことを報じている。

引用:J-CASTニュース

 

母子家庭で3人も子供がいたにも関わらず、宝塚市でも裕福な家庭が多い中山桜台に家を構え、私立中学校に進学させた上に海外旅行にも。

不動産も沢山持っているようなので、かなり裕福で資産家であることが伺えますね。

山本太郎の母親は厳しかったが今の関係は?

母・山本乃布子さんは子供に対して教育熱心で、とても厳しかったそうです。

 

母親の教育は厳しく、家事の手伝いは当たり前。

 

山本太郎さんが小学5年生の時、母親と東京でケンカをした際には、所持金700円だけを渡されて置き去りになったとか!

電車の鈍行を乗り継いで30時間をかけて帰宅したそうですが、超スパルタ教育ですね…。(;゚Д゚)

 

その他にも母・乃布子さんはフィリピンの貧しい子供たちを支援するボランティア団体のメンバーでした。

山本太郎さんも子供の時から何度もフィリピンに行って、仕事を手伝わされていたのだとか。

 

山本太郎さん曰く、

母親は「パワフルで正義感が強い人」で、「日常的にも自分より弱い立場の人には、手を差し伸べろっていうことはすごく言われた。」

引用:著書「山本太郎 闘いの原点」

山本太郎さんご自身もとてもパワフルで正義感が強いので、母・乃布子さんから大きな影響を受けて育ったことが伺えますね。

 

山本太郎さんはとても母親思いで、母・乃布子さんと親子二人で食事や旅行などに出かけることも多いそうです。

俳優から国政選挙に出馬した際にも理解してくれ、3軒のマンションを売却して経済的にも支援してくれました。

 

シングルマザーで3人の子供を育てていくのはかなり大変だったと思います。

 

それでも一生懸命に3人もの子供を育てた母・乃布子さんの背中を見て育った山本太郎さんは母親をとても尊敬大切にしているのが分かりますね。

 

また、母・乃布子さんの枠にとらわれない教育のお陰で政治家・山本太郎さんがいるのでしょうね。

山本太郎はマザコン?

シングルマザーで3人の子供を一人で育てた母・乃布子さん。

そんな母親をとても尊敬しているのは前述の通り。

 

しかしそれが度を越えてしまっているのか、「マザコン」ではないかという疑惑もあります。

 

山本太郎さんが元妻・割鞘朱璃(わりさや・じゅり)さんと離婚したのは山本太郎さんがマザコンだったからではないかという説があります。

新婚当時、山本太郎さんと元妻・朱璃さんは山本太郎さんの実家で母親・乃布子さんを含めた3人で生活していました。

 

しかし、夫婦の夜の営みも詳細に母・乃布子さんに報告していたとか・・・。

 

そんな過度なマザコンに元妻・朱璃さんが愛想を尽かした・・・なんていう話もあるそうです。

 

真偽はわかりませんが、もしこれが本当だったらちょっと辛いですね。(;^_^A

山本太郎の姉は薬物所持で逮捕歴あり?!

冒頭でも述べた通り、山本太郎さんには姉が二人います。

 

そのうちの一人が山本利華さんといいます。

年齢は2020年現在、56歳。

山本太郎さんより11歳年上の姉になります。

 

山本利華さんは過去に、ヨガの講師をしていました。

しかし2012年、当時48歳だった山本利華さんには大麻取締法違反の容疑で逮捕された過去がありました。

「吸うために持っていた。脱原発運動で、気分を和らげるために使った」

引用:スポニチ

などと容疑を認めています。

この逮捕に山本太郎さんも、

「えーっ!マジか?逮捕されたなんて知らなかった。ショック。何やってんだ、いい大人が。」

と、つぶやいています。

この逮捕から8年経っているので、現在は社会復帰されていると思います。

 

 

もう一人のお姉さんについては一般人ということで情報がありませんでした。

情報が分かった際には追記させていただきます。

 

まとめ

『山本太郎は母子家庭で育ったマザコン?姉は薬物所持で逮捕歴あり!』と題し、山本太郎さんのご家族についてまとめました。

 

山本太郎さんは母子家庭で育ったにも関わらず経済的にはとても恵まれていた上に、とてもパワフルな母の影響を大きく受けたようですね。

今後もそのパワフルなエネルギーを政治の世界で使い、より良い世の中にしていって欲しいですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください