「エール」祐一役の子役は石田星空!窪田正孝と共演した過去はある?

俳優・窪田正孝さん主演でNHK連続テレビ小説「エール」が2020年3月30日からスタート。

「エール」は福島県の作曲家・古関裕而さんがモデルの作品で、古山裕一という役名で窪田正孝さんが演じます。

 

そんな主人公・祐一幼少期石田星空君という子役が演じるのですが、とても可愛いと評判です!

石田星空君、実は以前に窪田正孝さんと共演したこともあるんだとか。

 

そんな石田星空君のプロフィールと経歴をご紹介すると共に、どの作品で窪田正孝さんと共演したのかもまとめました。

「エール」主人公・祐一の幼少期は石田星空!【動画あり】

NHK朝ドラ「エール」の主人公・古山裕一(窪田正孝)役の幼少期は石田星空君が演じます。

主人公・裕一の子供時代は石田星空(せら)さん、ヒロイン・音(二階堂さん)の子供時代は清水香帆さん、裕一の幼なじみ・村野鉄男(中村蒼さん)の子供時代は込江大牙さん、佐藤久志(山崎育三郎さん)の子供時代は山口太幹(たいき)さんが演じている。

石田さんと清水さんは、2019年5~6月に実施された子役オーディションで選出。書類審査を通った男女およそ200人で1次審査を行い、2次、3次を経て出演が決まった。またオーディションでは演技のほかに歌唱審査も行われた。

引用:MANTANWEB

出典:https://rin-333.xyz/e-ru-kubotamasataka-koyaku

目元と口元が窪田正孝さんに何となく似ていますね!

 

いつも思うのですが、ドラマ・映画で演じる子役、本当によく似ている子を探してくるものだと感心します。

 

石田星空君は窪田正孝さんに似ているだけではなく、200人ものオーディションから主役・祐一の幼少期の役を勝ち取ったので演技力も期待できそうですね!

 

こちらが「エール」の予告に出ている石田星空君。

第1週目・第2回以降は主人公の古山裕一の子供時代を中心に描かれているそうなので、石田星空君の演技が楽しみですね!

 

石田星空のプロフィールや経歴は?

石田星空のプロフィール

出典:クラージュキッズ

名前:石田星空(いしだ・せら)

生年月日:2009年5月8日(2020年3月現在10歳)

職業:小学生、子役

学年:小学5年生(2020年4月から小学6年生)

所属事務所:クラージュキッズ

星空と書いて、「せら」と読みます。

夢があり素敵な名前ですね!

 

石田星空の経歴(芸能歴)

現在10歳の石田星空君ですが、何気に芸能歴長いのです・・・。

 

こちらが石田星空君が過去に出演した作品リストです。

石田星空の出演作品リスト

【テレビドラマ】

2016年 1月 「大河ドラマ 真田丸」

2019年 1月 「ハケン占い師アタル」 第2話

2019年 4月 「 ラジエーションハウス~放射線化の診断レポート~ 」第2話

2020年 1月 paravi 「病室で念仏を唱えないでください~サトリ研修医・田中玲一~」 第9話・第10話

2020年 4月 「NHK連続テレビ小説 エール」

 

【映画】

2015年 9月 「ヒロイン失格」 幼稚園児役

2019年 5月 「貞子」

 

【舞台】

2017年 10月 「リチャード3世」

 

【WEB広告】

タカラトミー ポケモン ひらめきゲット モンスターボール

テレビドラマのみならず、映画、舞台、広告にも既に出演されています。

 

2015年9月の映画「ヒロイン失格」 が芸能界デビュー作でしょうか。

そうなるとデビューしたのは6歳の時で芸歴5年

 

しかも初めてのドラマ出演がNHK大河ドラマ「真田丸」

「真田丸」では中川大志さんが演じた豊臣秀頼の幼少期を演じています。

 

10歳にしてこれだけの芸歴、朝ドラ「エール」の期待が高まります。

石田星空は以前にも窪田正孝と共演してた?

今回NHK朝ドラ「エール」では窪田正孝さん演じる古山裕一の幼少期を演じますが、実は窪田正孝さんとは「エール」以前にも共演したことがあるのです!

 

その作品はと言うと、2019年4月 「 ラジエーションハウス~放射線化の診断レポート~ 」です。


「ラジエーションハウス」は窪田正孝さんが主演を務めた、診療放射線技師を描く医療ドラマでした。

 

その第2話に石田星空君は千葉健太郎役で出演。

 

石田星空君が演じた千葉健太郎は、ひざに痛みがあると訴え、レントゲン検査をするも特に所見はないことから問題視されず、成長痛もしくは母親に構ってもらいたいがために大げさに痛みを訴えているのではないかと考えられました。

 

しかし、痛みは引かず主役・唯織を演じた窪田正孝さんが今度は昔ながらのフィルムレントゲンで足の具合を読影すると少年は骨の癌であることを発見したというストーリーでした。

石田星空君と共演した窪田正孝さんは、星空君について、

「石田くんとは以前共演したことがあって、ピュアな心を持っていて、求められた役をきちんと演じるという印象がありました」

「今回、裕一の真っすぐな目やナイーブなところを表現していて、(第1週の)運動会のシーンもつい応援してしまいました。唐沢寿明さんとの父子の基盤もしっかりと作ってくれたと感じています」

引用:MANTANWEB

高評価ですね!

 

今回は朝ドラ「エール」に出演。

しかも主役の幼少期と重要な役どころなのでかなりのプレッシャーのはず。

 

しかし石田星空君からしたら、既に仕事を一緒にしたことがあり共演2度目の窪田正孝さんがいるということで、かなり心強いのではないでしょうか。

 

石田星空に対する世間の声

石田星空君、とても可愛いと評判です。

朝ドラ「エール」が始まり、石田星空君の評価に対し新しい評判があがり次第、追記していきたいと思います!

 

まとめ

2020年3月30日スタートのNHK朝ドラ「エール」の主役・古山裕一の幼少期を演じる石田星空君についてまとめました。

まだ10歳ですが、NHKのドラマ出演は2度目の上に主役を演じる窪田正孝さんとも2度目の共演。

 

「エール」の裕一の幼少期をどのように石田星空君が演じるのか見るのも楽しみですし、石田星空君の今後の活躍も楽しみですね!

今後の活躍、応援したいと思います!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください